アダルト用語辞典「SM

用語解説:SM

SMSM(えすえむ)】とは、サディズムおよびマゾヒズム的な性的嗜好に基づいて行われる倒錯的プレイ全般、ないし同プレイを含む文化様式(サブカルチャー)群の総称である。
一般には、サディズムマゾヒズムが独立した性的嗜好であるように見られる傾向もあるが、実質的にはコインのように表裏一体のものであるケースも少なからず報告されており、また人格否定的な側面があるという誤解も根強いものの、プレイの一環として実情は人道に反するような性質は無い。
なおSMは「サディズム(Sadism)」と「マゾヒズム(Masochism)」の頭文字を合わせた頭字語である。
またプレイの一環で支配・被支配という役割を演じる傾向から、支配する側の人を「トップ」「S」、または「主人」と呼ぶことがある。服従する側の人を「ボトム」「M」、または「奴隷」と呼ぶことがある。SMは「Sadomasochism」とも呼ばれる。
精神医学面での「性的サディズム」などでは、性的興奮を得るために(相手の意向にお構いなく)一方的に何かを虐待するという性格異常を発揮し、一方の「性的マゾヒズム」では辱めを受けたり自らの肉体を損傷する(自傷行為)ことで性的興奮を得るとされる。ただこれらは、性的倒錯(パラフィリア)と呼ばれる精神障害である。
性風俗や性の文化としてのSMの場合は、一種の倒錯プレイ(何かの役割を演じることで性的興奮を得る様式)として行われるものが主となっており、これは「抑圧の開放」などといった意味付けも見られ、非日常的な行為を体験することと解される。
この中ではボンデージなどといった独特のファッションスタイルも見られ、ことさら非日常性を演出する傾向が見られる。日本では俗に「緊縛」と呼ばれる縄で縛り付ける行為も見られ、この緊縛にも「緊縛師」と呼ばれる専門家が存在するなど独自文化も形成しており、いわゆる「ソフトSM」と呼ばれる行為では「手を(軽く)縛る」や「目隠しをする」といったプレイも見られ、それを含めると潜在的愛好者層は相当数にのぼると見られている。日本では羞恥プレイや緊縛プレイといったジャンルのポルノ媒体も相当な比率を占め、同愛好者層の幅の広さも伺える。
なお性的サディズムの傾向は「ドメスティックバイオレンス(DV:配偶者からの暴力)」という悲劇的な状況も発生させうるが、いわゆる性風俗におけるSMでは双方同意のうえで「叩いたり、叩かれたり」といった行為が行われ、また深刻な負傷を発生させないよう抑制された暴力または工夫された擬似的暴力であるといった相違がある。
その一方で、いわゆる「ハードSM」と呼ばれるものでは「鞭打ち」や「ロウソク責め」、性器ピアスを取り付け乱暴に引っ張る、性器が原形を留めないほどに弄り回される(身体改造の歴史的背景を伴わないものの類)などのプレイの分野もある。

SM」を調べた人はこちらのアダルト用語も調べています。
」から始まるアダルト用語一覧

SMに関連した話題

Yahoo知恵袋「SM」に関する質問

アダルト相互リンク

おすすめのアダルト系サイトのリンクです。

  • 本当にあえた!人妻出会い話
  • アダルトWATCH
  • 媚薬ラボ | 媚薬情報サイト